2018年06月01日

浅間山の森の暮らし1

浅間山の森の暮らし1

八ヶ岳に住んで人形たちが生まれる前に、北軽井沢と呼ばれる場所に2年間暮らしていました。
軽井沢から車でグイグイ、グイグイと30分ほど登った・・・すなわち浅間山の麓なのでした。

1998年はインターネットも無くて、家を探すために本屋さんで新聞を買いました。「住むところを探しているので・・・」と言うと、本屋さんは「うちは不動産屋もやっているから・・・」とすぐに貸家を紹介してくれました。(家賃は5万円ほどでした)

とても素敵な小さなログハウスで、可愛い看板に"Free Houseパインツリー"という名前もありました。
若かった僕らにとって、まさに夢のようなお家でした。

そこは、ほんとうに森の中で、鹿やリスや小鳥たちがいつも周りにいて、夕暮れの帰り道にフクロウと目があったりもしました。

その家が大好きで、引っ越した後も3回ほど見に行きました。
先週15年ぶりに行ったのですが、月日が経って家はだいぶ古びていました。名札みたいな可愛い看板も無くなっていたので、淋しさと共に時の流れを感じました。

けれど写真の中のお家は、今もあの頃のままで、楽しかった記憶を呼び覚ましてくれるのでした。
とても懐かしいです。


タグ:写真
posted by 里の樹 at 18:00| 昔の思い出